ブログテーマ:アトリエ建築家

<<前へ
rss

三島史子先生が来てくれました。

[アトリエ建築家] 投稿日時:2017/06/02(金) 13:09



こんにちわ。

暑い日が増えてきて季節もだんだんと初夏へと向かってきていますね。

季節の変わり目は体調を崩しやすいので十分お気を付け下さいね。



201706021519_1.jpg



先日、

香川県から建築家の先生が来てくれました。



201706021718_1.jpg
三島史子先生 / タイムズ・アンド・デザインオフィス



昨年の2月に完成鑑賞会をさせて頂いた

知手地区の丸窓の家(月を切りとる丸窓の家)を設計した先生でもあります。

%E6%9C%A8%E4%B9%8B%E5%86%85%E6%A7%98%E9%82%B8%EF%BC%93.JPG



とても人気で忙しい先生なので

またこうしてご一緒できる機会に恵まれ

本当に嬉しく思います(^^)*



201706021519_2.jpg



SS様との最初の打ち合わせの前に

建築家の先生は必ずSS様の土地を確認しに行きます。



書類や写真、データなどで済むこの時代ですが

やはり百聞は一見に如かず・・・



ふたつとない限られた土地を最大限生かすために

実際に目で見て色々とイメージを膨らませるんだそうです。



もちろん、ただ土地を見るだけではなく

太陽の動きや周りの建物、周囲の窓の位置や大きさ、風の強さや交通量など

さまざまな視点から土地と向き合っているんだそう。




201706021519_3.jpg



土地の確認をした後は

SS様ご夫婦と1回目の打合せを行いました。



201706021519_4.jpg



本日の打ち合わせでは

SS様の住まいに対するご要望や思い描くイメージを

それぞれがそれぞれのコトバやイロ、カタチに変えて

ひとつひとつ答え合わせをさせて頂きました。



”イメージ ”とは姿かたちがあるわけでもなく

それぞれの心の中に抱いているものなので

共有するのは本当に難しいことなんだと改めて痛感しました。



”かっこいい” や ”かわいい” にもそれぞれの定義があり

自分にとってはかっこいいでも相手にとってはかわいいという場合もあり、

SS様、建築家、そして私たちとで時間を使いながらイメージを共有しました。



次回は3週間後・・・
今回話し合った内容が具現化されて現れます。


ドキドキです・・・♪


待ち遠しくて待ち遠しくて仕方ないそんな中ですが
またイベントの開催が決定したのでお知らせさせて頂きます。



6月17日(土)18日(日)
銚子市豊里台地区にて完成見学会の開催が決定しました。



201705181627_1.jpg



VECTOR(ベクトル)というタイトルには”方向”という意味があり

ー 家族が同じ方向へ向かって進んでいけるよう ー

そんな建築家からの想いを背負ったタイトルでもあります。



光沢のあるかっこいい外観に立ち止まる方続出!



いったいどんな家なの・・・?



見た方にしか分からないこのかっこよさと住みやすさ!
ぜひお気軽にお越し下さい(^^)


早い段階から予約が埋まりつつある注目物件です(><)



平日しかいけないって方もぜひ一度ご相談下さいませ(^^)

 

完全予約制

ご予約はお電話またはHPで
  0299-92-5349   
http://www.o-style.org/study/


 

みなさまからのご予約お待ちしております♪

 


 

建築家の存在

[アトリエ建築家] 投稿日時:2017/02/03(金) 13:26

こんにちは

昨日の大風から一転

穏やかで気持ちのいい青空、

仕事をしているのがもったいないくらいの

良い天気になりましたね



今日は

日ごろから

大沼工務店の家づくりを支えてくれている

建築家のお話をすこし。


まず、

茨城の田舎で

なぜわざわざ建築家に設計をしてもらうのかということ。

「お金がもったいないのでは」

「工務店なんだから設計くらいできるでしょ」

なんて声をよく耳にするのも事実。



しかし

わざわざ頼んでお願いする意味がちゃんとあるのです。

それは

設計図を見た瞬間にわかること

住んでみてから気付くこと

さまざまなのですが

それは他の記事でちょこちょことご紹介させていただくことにして。


まず建築家と呼ばれる人達が

どんな想いをもって設計をしているのか、

をお伝えしたいと思います。



【住まい手との対話】

【周辺環境との調和】


を大切にしているとおっしゃっていたのは

神奈川県でワーズワースクラフトを主宰されている

建築家 木内浩司先生。

弊社では

先日の完成鑑賞会でお披露目させていただきました

神栖市土合北「俺の家」

を設計していただきました。
201702031644_1.jpg

【住まい手との対話】

お施主様の思いをくみとること。

住まいへの夢、

そこで何がしたいか

どんな暮らしを求めているのか

デザインのことも含めて

丁寧にお話をしながらお施主様の思いをくみとる

言葉では上手に表現できない想いも

会話や表情からちゃんと読み取ってくれていたりして

打ち合わせで言い忘れた希望が、

ちゃんと設計に入っていて驚いた

なんてお施主様の嬉しい悲鳴はしょっちゅうなのです。



【周辺環境との調和】


お施主様に会う前に

一番最初に建築家が向かうのは住まいが建つその敷地。

その前からデータや地図、写真などで

入念な下調べをしていますが

実際そこに建つことが重要とのこと。

データでは知りえなかった

風の強さ、臭い、周囲の建物や景色との関係性

いろんな情報を経験と五感で感じることで

より良いプランが生まれるのだそうです。


たとえば少し離れたところにある

○○工場の煙突、

風向きによっては鼻を塞ぎたくなる、という状況を

窓の位置や種類、玄関の向きで

やわらげたり回避することもできるのです。


もともと決まっているプランを

その敷地に合わせるだけでは得られない

建築家の手法に毎回驚かされるばかりです。




そして、木内先生からのメッセージ



【最後に】

住んでみて、近所の人に素敵なおうちですね。

と声をかけられたと聞くと、本当に嬉しい。

その場所に残るという意識をみんなでもつと

日本の街はもっと豊かになると思います。

服や家具も、早くて合理的で便利になっていく中、

時間をかけて世界にたったひとつの特別な「場所」を作る

ことは非合理的だけど素敵な仕事だと思っています。

201702031644_2.jpg

日本の住宅業界はいつしか

建てては壊す、スクラップビルドという手法を選んできました。

世代が変わったらどうせ建替えるのだから

手ごろなものですませてしまおう・・・


それでは資源も無駄ですし

デザインも性能も向上しないと思うのです。


だから私達は

大切にしたくなる

ずっと壊したくないと思える家を

快適で価値ある住まいを

一家族一家族に提供していきたいのです。


そしてその想いをカタチにしてくれるのが

【建築家】なのだと強く感じています。

潮来の伊太郎と登田恵吾先生

[アトリエ建築家] 投稿日時:2016/11/01(火) 23:22

先日ご紹介させていただきました
美しすぎる建築家 内山里江先生。


プランもプレゼンも美しすぎました。

今回ご紹介させていただくのは
 

広島県THIS ONE主宰 登田恵吾先生です。


http://www.thisone.jp/

 

先日、潮来市のTH様邸のお打ち合わせにお越しいただきました。

登田先生は
 

お洒落で優しい雰囲気をお持ちの方。
 

TH様からも【柔らかい感じで話しやすかったです】とコメントをいただきました。


チャーミングな一面もあり、

せっかくここへ来たからには・・・
と、潮来名物?伊太郎像の前で記念撮影。
 
image1.JPG

ポーズまで伊太郎。
魅力溢れるかっこいい先生です。

 

TH様も、生まれ育った潮来が大好きとのこと。
 

郷土の文化に興味を持っていただくのも
 

お施主様を知るには大切なこと、
 

ありがたい事だと思うのです。

 

土地の調査では、
 

周辺環境を読みとるため
 

敷地の裏の建物も多方面から入念にチェックをされていました。
 

家の配置、
 

風の流れ、
 

日の入り方、
 

窓から見える景色、
 

ご近隣との関係性、などなど


 

真の建築家が土地から読み取る情報は数知れず。
 

よく土地と対話すると例えられますが、
 

図面が出来上がると、
 

本当にその通りだと驚くほどです。
 

その家に住むとなお感じるそうです。
 

住むほどに好きになる、
 

住んでから新たな発見があるとは
 

OB様達の声。
 

ただかっこいいだけじゃない。
 

今ある土地の良さを活かし
 

デメリットはメリットに変える。
 

最大限のパフォーマンスをする、
 

建築家の力は偉大です。

全ての形に意味がある。
 

そう実感させてくれます。
 

次回のお打ち合わせはプラン提示です。
 

どんなプランが出来上がってくるのか、
 

今から楽しみです。

実際に建築家とつくる家ってどんなかんじ?

と気になるお客様も多いと思います。

11月13日の賢い家づくり勉強会では

過去の事例を多数展示させていただいております。

ぜひこの機会にご家族で足を運んでみてはいかがでしょうか。


 

建築家の内山里江先生が来てくれました。

[アトリエ建築家] 投稿日時:2016/10/26(水) 15:14


今日は各地にたくさんのファンを増やし続けているカリスマ美人建築家、

内山里江先生にお越し頂いて、第2回目となる設計打ち合わせを行いました!

201610261812_1.jpg

最初の打ち合わせでのヒアリングがそのままかたちとなって現れた模型と言っても過言ではない程

お客様の要望がぎゅっと詰まったその模型に一同魅了されまくりの2時間でした。

201610261812_2.jpg

お客様は今日この日まではどんな間取りでどんな形の家なのか分からない状態なので、

いったいどんな家になるのかな?という期待はもちろん、正直不安の気持ちもあると思います。


ですが初対面1回目のヒアリングだけで

ドーンと満足させるプランを持ってくるのはさすが建築家さんの腕ですね~!パチパチ☆

そこは建築家さんを信じて待つのみなのかもしれません(^^)



どのような家のプランになるかはお客様の数だけあると思いますし、

正解と呼ばれるものもないに等しいことがほとんどだと思います。

たくさんの家があふれる中で‘自分の家‘というものを考える瞬間って

誰もがワクワクした気持ちになると思います(^^)

そのなかで自分たちのためだけに考え尽くされた家を見ることができるって

とても贅沢なことだと思うんです。

案外自分たちが思っている以上に第三者(建築家)からの意見って

ハッとさせられる部分がたくさんあることに気づかされます。

一生に一度の買い物だから・・・一生で一番大きい買い物だから・・・

だからこそ1人でも多くの方に後悔のないように家づくりに対して考えて頂けたら

私たちもとても嬉しく思います。



R+houseの家づくりを通して、私個人もハッとさせられたことなんですが、

間取りに囚われた家づくりをし、間取りに合わせた生活をするのではなく、

ライフスタイルに沿った間取りでの家づくり

が住みやすさのポイントなのだと強く感じました。



後悔しないための家づくりをするのであれば、

それなりに家づくりに対して

お客様も知恵を付けなくてはいけない時代になりつつあると思います・・・

今日の建築家さんとの打ち合わせの中だけでも

【知っておけば良かった!】につながるポイントがたくさんありました。


大沼工務店では家づくりを考えている方が

一人でも後悔のない家づくりをしていただけるよう、無料で勉強会を行っています。

ぜひこの機会に勉強会の参加も検討してみてはいかがでしょうか(^0^)!?


賢い家づくり勉強会の予約も好調です(^^)

11月13日(日)13:30~鹿嶋勤労文化会館で行われます。


要予約の先着順となりますので早めのご予約お待ちしております~!

10月も後半にさしかかり、やっと寒さも本格的になってきましたね。

まだまだ日中との寒暖差が激しいので体調を崩されないようお気を付けくださいね(^^)

建築家いとうあつし先生

[アトリエ建築家] 投稿日時:2016/08/28(日) 08:37

blog_2_0_mail_1608280837033c65e2a364de29b2918c1e957e106966.jpg
先日、MY様の設計打ち合わせが行われました。

今回の建築家は
三重県からいとうあつし先生です。

ご家族の居心地の良さを
追求したプランに
MY様もご納得の様子…

この日はMY様のお誕生日でしたので、
いとう先生からプレゼントが… 
なにやらア◯ゾンの箱をガサゴソ…

いただいたMY様、
なんだろうと、箱を開けると、
なんと、お家の模型でした。
驚きとともに、
なんとも嬉しそうな表情。

それから、先生のプレゼンが始まり、
ご夫婦の要望や生活習慣が
しっかり映し出された家となっていました。

お打ち合わせの最後には
巨大クラッカーで祝砲をあげ
ケーキでお祝い。

ご自宅に帰られてから、
模型で擬似生活を送られているそうで、
こんなお写真をいただきました。

爪楊枝で家中を歩かせているそうです。笑

とってもユーモア溢れるご夫婦に、
いつも笑わせていただいております。
 
«前へ

<< 2017年11月 >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

2017年11月
(1)
2017年10月
(5)
2017年8月
(1)
2017年7月
(2)
2017年6月
(4)
2017年5月
(3)
2017年4月
(1)
2017年3月
(1)
2017年2月
(2)
2017年1月
(2)
2016年12月
(3)
2016年11月
(5)
2016年10月
(7)
2016年9月
(1)
2016年8月
(5)
2016年7月
(1)
2016年6月
(4)
2016年5月
(3)
2016年4月
(3)
2016年3月
(5)
2016年2月
(3)
2016年1月
(3)
2015年12月
(4)
2015年11月
(5)
2015年10月
(9)
2015年9月
(11)
2015年8月
(9)